Web会議導入事例医療機器メーカー様 – VTVジャパンのウェブ会議比較サイト


Web会議導入事例
医療機器メーカー様

16拠点へ一斉に導入を実現
テレビ会議とWeb会議を混在させることで、初期導入費と出張費の削減に成功

  • 導入システム
  • VidyoOne VidyoRoom HD-100 VidyoDesktop
    VidyoOne
    多地点会議パッケージ製品
    VidyoDesktop含む
    VidyoRoom HD-100
    テレビ会議専用端末
    VidyoDesktop
    Web会議
    ソフトウェアクライアント
    • VidyoOne 10VL (サーバ製品) /日本拠点 1台
    • VidyoDesktop(Web会議ソフトウェアクライアント)/ 日本・海外拠点(中国・香港・台湾)
    • ClearOne Chat150(マイクスピーカー)/ 日本・海外拠点(中国・香港・台湾) 8台
医療機器メーカー テレビ会議ネットワーク

導入事例:医療機器メーカー様医療機器メーカー様は、事業の成長に伴い日本にとどまらず、海外にも営業所をおかれるなど、本社を含め国内外に16の拠点をお持ちでした。
また、製品の販売店も多い同社様は、地方の営業所や販売店へのセールストレーニングや、拠点間との会議などのために、かなりの出張コストがかかっていました。

この出張コストを削減したいと、テレビ会議を導入することをご検討されましたが、本当に自社で使いこなせるのかと懸念されていらっしゃいました。
そこでVTVジャパンにご相談いただき、同社様の社内にテレビ会議を持ち込み、実際の環境でお試しいただきました。映像や音声も問題なくテレビ会議が利用できると実感いただきました。

しかし、16拠点すべてにテレビ会議専用機と複数拠点で同時に会議を行うための多地点接続サーバを導入するとなると、数千万の初期導入コストがかかってしまいます。
予想外に高額だったので、主要拠点からの導入もご検討されました。しかし、それでは当初の目的の大幅な出張費削減は見込めず、投資効果が半減してしまうとのことで、いったん導入自体を保留にされました。

そこで、初期導入コストをおさえて全拠点に一斉に導入できるよう、主要拠点にはテレビ会議専用機を、そのほかの拠点にはPCを端末として利用できるWeb会議ソフトウェアのVidyoDesktopをご提案しました。
Vidyoソリューションは、メインとなるVidyoOneがあればテレビ会議もWeb会議もモバイル端末もすべての端末から接続できます。
主要拠点である本社には、セールストレーニングの講師が利用する書画カメラやDVDプレーヤーなどの周辺機器を接続できる専用機を導入しました。その他の拠点はUSBカメラとマイクを用意し既存のPCにVidyoDesktopをインストールして利用することで、16拠点すべてに高価な専用機を導入するコストに比べ、かなりリーズナブルに導入が可能になりました。

全拠点に一斉に導入できたことで、トレーニングや会議等による出張回数が激減し大幅なコスト削減が実現されました。また、移動しなくてもすぐに他拠点とのコミュニケーションが取れる気軽さと便利さが社内で好評となり、テレビ会議Web会議の利用率はとても高いそうです。


この事例にご興味ある方は、詳細をご説明させていただきます。
お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。