Web会議導入事例 総合医療センター様 – VTVジャパンのウェブ会議比較サイト


Web会議導入事例 総合医療センター様

病院をまたぐ医療プロジェクトでLifesize Cloudを利用
インターネットを介して異なる病院間のテレビ会議接続を実現

総合医療センター テレビ会議ネットワーク

導入事例:総合医療センター様 総合医療センター様では、複数の病院に所属する研究者が合同でプロジェクトを実施されていました。研究者同士の距離を埋めるツールとして、Web会議を多用していました。しかし、音声品質に不満があり、研究者からもっと質がいいものをもとめる声があがったため、VTVジャパンへ品質の改善方法について問い合わせをされました。

 VTVジャパンが現地に訪問したところ、参加人数をカバーするために1台のノートPCに複数のマイクやモニタなど、さまざまな周辺機器を接続して会議を行っていました。毎回、参加者が開始1時間前から会議の準備を行うなど、時間や手間がかかるにもかかわらず、音声が途切れたり聞きづらいなど、音声品質にはかなりのストレスを感じていらっしゃいました。

 既存Web会議の初期導入時にも、品質を重視してテレビ会議システムを検討されました。しかし、各病院にテレビ会議用の固定グローバルIPを用意させることが困難だったことや、そもそも、各病院毎のネットワークポリシーを超えて相互に接続できるテレビ会議システムがなかったため、インターネット接続で利用できるWeb会議を導入したという経緯がありました。

 そこで、VTVジャパンではクラウド型テレビ会議サービスであるLifesize Cloudを提案しました。Lifesize Cloudはインターネットに接続できる環境さえあれば、Web会議同様にテレビ会議を行うことができます。そして、テレビ会議システムやPCなど、さまざまなデバイスが1つの会議に混在することも可能です。
 各病院で専用の回線や固定グローバルIPを用意してもらう必要もないため、今回のような施設や所属機関をまたいで組まれるプロジェクトなどには最適なテレビ会議ソリューションです。

 インターネットから品質の良いテレビ会議システムに接続ができることをご評価いただき、同センター様はプロジェクト予算を利用して、Lifesize Cloudの導入を決定されました。
音声品質の向上を最大の課題とされていたこともあり、プロジェクト参加全拠点にLifesize社のテレビ会議システム・Iconシリーズも併せて導入されました。参加者の多い病院にはマイク拡張が可能なIcon600を、少人数の参加拠点にはIcon400を選定されました。マイクはクラス最高の周波数特性で自然な音声を再現し、操作が簡単にできるタッチパネル式マイクスピーカーのLifesize Phoneを選択し、快適な操作環境と音声環境を確保されました。

 事前準備の手間がなくなり、映像・音声の問題も解消されたことで、快適なミーティング環境が実現されました。最近では、PCからゲストユーザーとしてレギュラー参加者外の研究者が参加するなど、プロジェクト内でのビジュアルコミュニケーションの活用はさらに進んでいるようです。


この事例にご興味ある方は、詳細をご説明させていただきます。
お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。