Web会議をクラウドサービスで行うメリット・デメリットを比較 – VTVジャパンのウェブ会議比較サイト


Web会議をクラウドサービスで行うメリット・デメリットを比較

自社導入して運用した場合(オンプレミス型)と比較した、一般的なクラウド型Web会議サービスのメリットとデメリットをご紹介します。

クラウドのメリットとは?

Web会議をクラウドで行うメリットについてをまとめました。
以下のほかにも、納品や設置の必要がなく、契約締結日からすぐに利用できることもあげられます。また、導入前のトライアルも気軽に行うことができます。

管理者がいなくても
楽々運用
管理者なしでも楽々運用

サーバのメンテナンスはサービス提供業者が行うので、管理者はいなくでも大丈夫です。
常に新しいバージョンで利用可能です。
VTVジャパンならサポートデスク付で、ユーザが直接問い合わせることができます。

テレビ会議がなくても
参加可能
テレビ会議がなくても参加可能

テレビ会議がなくても、PCにカメラ・マイクを用意できれば参加できます。インターネットを利用するのでネットワークの確認も必要ありません。
*サービスによってはライセンスが必要な場合があります。検討時にご確認ください。

状況によって
サービスの変更が可能
状況によってサービスの変更が可能

拠点や社員の増減など、状況に応じてライセンスを買い足したり、減らしたり、サービスプランを変更することも可能です。
他のサービスへの乗換えも容易です。
 
 

クラウドのデメリットとは?

Web会議をクラウドで行うデメリットについてをまとめました。

セキュリティは
サービス提供会社任せ
利用ネットワークの状態確認やセキュリティはサービス提供会社任せ

インターネット回線を利用するため、VPNのような強固なネットワーク構築はできません。セキュリティはサービス提供会社の対策次第です。
ここがネックになるとクラウドサービスの利用は不向きです。
 

サービス利用なので
月額固定費が必要
サービスなので月額固定費が必要

買取(オンプレミス)ではなくサービス利用なので、利用し続ける限りは、毎月固定費用を支払う必要があります。
買取を想定されて予算を組むと、数年でオーバーしてしまう場合もあります。
 

バージョンアップ毎に
環境が変わるリスク有り
バージョンアップ毎に環境が変わるリスク有り

サービス提供会社がサーバを管理していますので、突然のバージョンアップなどで、自社に不向きな変更が行われる可能性もあります。
*VTVジャパンでは最新版のマニュアルをダウンロードできる環境を提供しています。

メリット・デメリットのほか、クラウドサービスの特長や、VTVジャパンが提供できる代表的な製品、トライアル・デモについてをまとめた資料「超簡単導入!クラウド型サービス導入ガイド」を無料でプレゼントしております。ぜひ併せてご覧ください。