人気のオンライン会議ツール ZoomとBlueJeansを徹底比較︕

Pocket

新型コロナウイルス感染拡大を防止するために、多くの企業でテレワークが実施されました。テレワークを行う際のコミュニケーションツールとして利用されたWeb会議のなかで、特に利用者が多かったのがZoomでした。また、テレワークが急速に拡大し始めてから現在まで、弊社へのお問い合わせやトライアルのお申し込みが最も多かったのはBlueJeansでした。これら2つのクラウドサービスは共に遠隔地の相手とのコミュニケーションをはかるツールですが、それぞれ異なる特長があります。ZoomはWeb会議をメインとして設計されており、BlueJeansは多様なデバイスとの接続をメインとして設計されています。また双方ともMicrosoft Teamsとの連携が可能です。(ZoomはPro以上の有料プランにて対応。※2020年9月現在)
今回はこの2つのWeb会議のGUIや機能、操作手順、無償と有償の違いなどを徹底比較してみました。

【オンライン会議 Zoom vs BlueJeans比較①】GUIと機能

まずはアプリを起動し、ログイン後にはじめに表示されるGUI(グラフィカル ユーザー インターフェイス)を比較します。それではZoomのGUIからみていきます。

ZoomのGUIと機能

Zoom ・GUI

ZoomのGUI

上図はZoomのホーム画面です。Web会議に特化したクラウドサービスということもあり、GUIはとてもシンプルなつくりで、PC操作に自信がないユーザーにも使いやすい設計になっています。
グローバルメニューには、【ホーム】【チャット】【ミーティング】【連絡先】の4つがあり、それぞれ以下の機能があります。

  • 【ホーム】 上図ホーム画面を表示します。
  • 【チャット】 過去のチャットでのやり取り(ミーティング情報含む)が表示されます。
  • 【ミーティング】 自分の会議室情報の確認や会議室への入室、会議予約などができます。
  • 【連絡先】 登録したZoomのユーザーが表示されます。

また、ホーム画面には【新規ミーティング】【参加】【スケジュール】【画面の共有】の4つのアイコンが表示されています。

  • 【新規ミーティング】 1回限りのワンタイムミーティングか自分の会議室に接続できます。
  • 【参加】 ミーティングIDか個人リンク名(有償のみ)を入力して会議に接続できます。
  • 【スケジュール】 会議予約ができます。
  • 【画面の共有】 共有したい資料を選んで会議に参加できます。

【新規ミーティング】はアイコンをクリックすると1回限りの会議が開催できるワンタイムミーティングに接続されます。全員が退室するとその会議室IDは無効となり利用できなくなります。新規ミーティングの横の下矢印をクリックするとドロップメニューが表示されます。ここでマイ個人ミーティングID(PMI)を使用にチェックを入れると、自分の会議室に入室することができます。

Zoom・マイパーソナルミーティングID(PMI)

【参加】は主に自分以外の人の会議室に接続する際に、ミーティングIDか個人リンク名から会議に接続するときに使用します。

【スケジュール】では会議予約ができます。会議室には主催者が入室するまでは会議が始まらないようにしたり、入室時のミュートのON/OFFを事前に設定できるなど、任意の設定ができます。設定後【スケジュール】ボタンをクリックすると会議情報が記載されたメーラーが開くので、参加してほしいユーザーにこの会議の招待メールを送ります。ホーム画面の右側に当日開催予定の会議情報が表示されます。また、グローバルメニューの【ミーティング】からは予約したすべての会議の情報が表示され、会議に参加したり招待メール用のデータをコピーしたり、会議内容の編集や削除ができます。

【画面の共有】はPC画面の共有、アプリの共有、ホワイトボードの共有、iPhone/iPadの共有、メインカメラ以外のカメラ映像の共有、Dropbox/OneDrive/Google Drive/Boxなどのファイル共有が可能です。

画面右上の自分のアカウントの画像をクリックすると、詳細設定(アカウント画像の下の歯車アイコンも同様)や在席状況の変更などの設定の編集が可能です。設定では一般設定の他に、ビデオ、オーディオの詳細設定やバーチャル背景の設定など、詳細な設定を行うことができます。

BlueJeansのGUIと機能

BlueJeans・GUI

BlueJeansのGUI

次にBlueJeansのGUIをみていきます。BlueJeansはテレビ会議のMCU機能をクラウドサービスにしたようなイメージで、GUIはBlueJeansに接続するために必要なものがメインとなっています。
上のバーには左から【】【新着情報】【ヘルプ】【プロフィールを開く】とあります。この辺りは接続にはあまり関係しないものが多いのですが、詳細は以下の通りです。

  • 】 アプリのバージョン情報や更新確認、各種設定、サインアウト、障害報告などを確認・設定できます。
  • 【新着情報】 BlueJeansの最新機能や改善内容が掲載されます。
  • 【ヘルプ】 BlueJeansのサポートサイトを開きます。
  • 【プロフィールを開く】 プロフィールや管理者設定、会議の設定、パスワードの変更ができます。

】では現在利用しているアプリのバージョン情報の確認や更新有無、デバイスや接続方法などの優先設定、プロフィール設定やサインアウト、Bluejeans社への障害報告、BlueJeansのサポートサイトの閲覧などができます。

【新着情報】はBlueJeansのアプリに新機能が追加されたり、改善された箇所があった時に通知されます。最近は機能の追加が頻繁にありますが、すぐに新しい機能の詳細がわかりとても便利です。

【ヘルプ】は【】の「ヘルプ」と同様でBlueJeansのサポートサイトへリンクされており、必要なサポート情報を閲覧することができます。また、人気のヘルプトピックからもサイトへ移動できます。

【プロフィールを開く】、も【】内の「プロフィール&アカウント」と同様で、ブラウザから自分のアカウントページが開き、選択した項目の設定ページが表示されます。

メイン画面には、【あなたの個人会議ID】【スケジュールスペース】【会議IDまたは共有コードで参加】【設定】が表示されており、それぞれ以下の機能があります。

  • 【あなたの個人会議ID】 自分専用の会議室に接続できます。
  • 【スケジュールスペース】 直近で予定されている会議や終了した会議の情報が表示されます。
  • 【会議IDまたは共有コードで参加】 会議IDやパスコードを入力して会議に接続できます。
  • 【設定】 カメラ、マイク、スピーカーの設定ができます。

【あなたの個人会議ID】では自分専用の会議室に接続することができます。9桁の自分専用の会議室IDを確認したり、数字をクリックして会議IDをコピーすることができます。
自分の会議室に入室するときは「開始」ボタンをクリックします。画面共有のみ、電話で参加、専用機で参加の場合は開始ボタンの横にある「∨(下矢印アイコン)」をクリックし、希望の接続方法を選択すると接続を開始します。

【スケジュールスペース】には、「今後」と「最近」というタブが表示されており、「今後」にはこれから参加する予定の会議、「最近」には直近で参加した会議情報が表示されます。この会議情報の横の「参加する」ボタンをクリックすると、すぐに会議に参加することができます。
右上にある「追加アイコン」をクリックすると、ブラウザが起動して自分のアカウントページが表示されます。ここから新しい会議のスケジュールを作成することができます。

【会議IDまたは共有コードで参加】は、会議室IDとパスコードを入力して会議に参加できます。他のアカウントユーザーのパーソナルルームや、スケジュールスペースに表示のない会議室に入室する場合はこちらを利用します。

【設定】では「カメラ」「マイク」「スピーカー」の設定を行います。プルダウンメニューを開くと現在BlueJeansで利用できるデバイスが表示され、実際に接続されているデバイスには緑のチェックマークが表示されています。「カメラ」ではバーチャル背景を選択することもできます。GUI中央上にあるカメラアイコンのONにすると実際のカメラ映像が確認できます。「マイク」では利用できるデバイスがきちんと集音できているか確認できるインジケーターが表示されます。音を拾うとインジケーターが濃い緑で表示されます。「スピーカー」では利用できるデバイスにマウスオーバーすると「テスト」ボタンが表示され、これを押すと電子音が聞こえます。

BlueJeans周辺デバイスの設定
  • 【オンライン会議 Zoom vs BlueJeans比較①】GUIと機能 まとめ
  • ZoomはWeb会議がメインのツールなのでGUIがシンプルでわかりやすい
  • BlueJeansのGUIは接続をするために必要なものが表示されており、周辺機器の接続テストも簡単にできる
  • どちらも日本語対応なので、初心者でもある程度の操作は問題ない

【オンライン会議 Zoom vs BlueJeans比較②】接続までの操作手順

会議室への接続は、自分の会議室に接続する、招待メールから参加する、ミーティングIDとパスワードから参加するなどいくつかの方法があります。
ここでは1対1での接続の操作手順を比較してみます。

Zoom 1対1での接続手順

Zoomで1対1での接続手順

連絡先から接続したいユーザーを選択すると、右スペースにユーザーの詳細が表示されます。「ミーティング」ボタンをクリックすると、相手のPCに招待画面が表示され、相手が「参加」をクリックすると会議室の待合室に接続されます。
相手が待合室に入室すると通知画面が表示されます。「許可する」ボタンをクリックすると会議室に接続されます。

セキュリティ問題発覚以前と比べて、接続までに行うことが増えた印象です。また、連絡先を登録する際に相手に承認をもらう必要があるなど手順が増えましたが、想定外の参加者が参加するのを防止する対策がとられています。

BlueJeans 1対1での接続手順

BlueJeansで1対1での接続手順

BlueJeansは会議に接続する方法がいくつかありますが、今回はスケジュール表示された会議を選択する方法をご紹介します。スケジュールが表示されているスペースから参加したい会議を選択し、「参加する」ボタンをクリックすると音声をPCと電話のどちらで接続するかを選択する画面が表示されます。通常はコンピューター音声(PC)を選択しますが、ネットワーク環境が良くないときなどは電話を選ぶこともできます。いつも同じ音声オプションを選択する場合は、下にある「保存して次回これをスキップする」にチェックを入れると、ワンクリックで会議接続が可能になります。

接続時にZoomのようなセキュリティ面での手間はありませんが、BlueJeansのセキュリティに関しては、デバイスとBlueJeansのMCUサーバー間の通信に対してAES暗号化がされており安心して利用することができます。

  • 【オンライン会議 Zoom vs BlueJeans比較②】接続までの操作手順 まとめ
  • Zoomは呼び出した相手を一度待機室で待たせて入室を許可するのが、多少手間ではある
  • BlueJeansは会議接続がシンプルで簡単
  • セキュリティの面ではどちらも対策がなされている

【オンライン会議 Zoom vs BlueJeans比較③】無償と有償の違い

Zoomは無償版と有償版がありますが、BlueJeansは有償版のみとなります。Zoomは無償版でもWeb会議を行うことができますが、有償版にすることで利用用途が広がります。
ここでは無償と有償の機能の違いを見ていきたいと思います。(画像は2020年6月現在。画像をクリックすると各社サイトのプランと価格ページに移動します。※外部リンク)

Zoom プランと価格

Zoom 無償と有償の比較

Zoom プランと価格

Zoom 無償と有償の比較2

Zoom フルプラン比較

有償版は3つのプランが提供されており、価格に比例して機能が追加されます。テレビ会議専用機との接続はオプションで用意されており、1台ごとに1ポートを購入します。ベースとなる機能に必要なオプションを追加するスタイルです。

Zoom プランと価格:https://zoom.us/pricing

※ 弊社ではZoomの取り扱いはございません。

BlueJeans プランと価格

BlueJeans価格表

BlueJeans プランと価格

BlueJeansは有償プランのみ提供しています。STANDARDプラン、PROプランはBlueJeansサイトで直接申し込むことができますが、ENTERPRISEプランは販売代理店からの購入となるためサイトからの申し込みはできません。弊社ではこのENTERPRISEプランのご提供が可能ですので、お見積もりなどは弊社に直接お問い合わせください。

Web会議がメインで、かつフリーランスの方や部署単位など小規模での利用を検討されている場合は、STANDARDプランやPROプランがおすすめです。企業単位での利用でWeb会議と併せてテレビ会議専用機などさまざまなデバイスとの接続や、SlackやMicrosoftTeamsなどとの連携を検討している場合はENTERPRISEプランをおすすめします。

BlueJeans プランと価格:https://store.bluejeans.com/

無償プランはありませんが、BlueJeansは無料トライアルを行っておりますので試しに使ってみたい場合はトライアルを活用してみましょう。

BlueJeans 2週間の無料トライアル:https://webkaigi.jp/product/blue_jeans_03.html#trial

  • 【オンライン会議 Zoom vs BlueJeans比較③】無償と有償の違い まとめ
  • Zoomはベースとなるプランにオプションを追加していくスタイル
  • BlueJeansは無償版はないがトライアルは可能。プランは利用規模や運用スタイルで選択
  • どちらも価格に比例して機能が追加される。ベースのプランは低額でも、オプション追加で高額になる場合もあるので、利用したい機能を事前に把握したうえで、どのサービスのどのプランが良いかを決めるのが良い

【オンライン会議 Zoom vs BlueJeans比較まとめ】比覧表で見よう

オンライン会議ツールとして人気の高いZoomとBlueJeansの比較事項をまとめました。

Zoom BlueJeans
GUI Web会議がメインのツールなのでGUIがシンプルでわかりやすい 接続をするために必要なものが表示されており、周辺機器の接続テストも簡単にできる
表記 日本語 日本語
1対1接続 呼び出した相手を一度待機室で待たせて入室を許可するのが、多少手間ではある 会議接続がシンプルで簡単
無償プラン
無料トライアルはある
有償プラン ベースとなるプランにオプションを追加していく方法 プランは利用規模や運用方法で選択
  • 【オンライン会議 Zoom vs BlueJeans比較まとめ】
  • Web会議のみを行うのであれば、シンプルでわかりやすい設計のZoomがおすすめ
  • Web会議の他テレビ会議専用機などとの接続や、Microsoft Teamsとの連携をするならBlueJeansがおすすめ

今後の利用用途や将来を見据えた会議運営を考慮し、貴社に最適なWeb会議システムをご検討ください。