クラウド型Web会議 Cisco Webexのご紹介 – VTVジャパンのウェブ会議比較サイト


クラウド型Web会議 Cisco Webexのご紹介

Pocket

使い分けや連携も可能な2つのクラウドサービス

Cisco Webexには、Cisco Webex Teams(旧Cisco Spark)とCisco Webex Meetings(旧Cisco WebEx)の2つのクラウドサービスがあります。
Cisco Webex Teamsは、チームや部署内などでの打ち合わせやワークに適したクラウドサービスで、Cisco Webex Meetingsは他部署や社外取引先を交えた会議などに適したクラウドサービスです。

テレビ会議専用機、PC、タブレット端末、スマートフォン、電話機(音声会議として)などの端末や、Microsoft Skype for Businesなどのアプリケーションに対応しています。これらの端末からCisco Webexに接続すると、異なるデバイス間での接続も可能となり、多地点会議を行ったり、資料共有やスケジューリングも行うことができます。
Cisco Webexの2つのクラウドサービスは、用途に応じてどちらか1つを利用したり、双方を組み合わせて利用することで、多彩なコミュニケーションに対応できるVCネットワークが構築できます。

Cisco Webex

Cisco Webexと他のクラウド(ASP型)製品を比較するならこちらもご覧ください。

クラウド型Web会議 Cisco Webex Teamsの特長

Cisco Webex Teamsは、Web会議やテレビ会議、チャット、ファイル共有などのビジネスコミュニケーションツールを、1つのプラットフォームに統合したクラウドサービスです。
無償版サービスと有償版サービスがあり、まずは無償版で利用して状況を確認しながら、必要に応じて有償ライセンスの追加を行うこともできます。

クラウド型Web会議 Cisco Webex Teamsの特長動画

会議前の情報共有:インスタントメッセージ/ファイル共有機能

Cisco Webex Teams:会議前の情報共有:インスタントメッセージ/ファイル共有機能Cisco Webex Teamsアカウントユーザ同士で、1対1もしくは複数名でのチャットが行えます。
社内メールでは他のメールに埋もれてしまいがちな会議前の情報や資料の共有も、専用のスペースでやり取りできるので見逃しません。

1つのチーム内に複数のスペースを作成できるので、プロジェクトごとにスペースを作成し、必要なメンバーを招集することもできます。スペース内のメンバーであれば、誰でも会議を主催、コントロール、録画開始を行うことができます。

ファイルは、画像やドキュメント、動画などが共有でき、ファイルのダウンロードやプレビュー表示が可能です。

スムーズな会議開催:web会議/ホワイトボード機能

Cisco Webex Teams:スムーズな会議開催:web会議/ホワイトボード機能Cisco Webex Teamsアカウントユーザ同士で、1対1もしくは3名までのWeb会議を開催することができます。
対応デバイスは、PCやスマートフォン、モバイル端末、テレビ会議専用機(Cisco社製品で、且つWebexに登録されたシステムのみ。登録には別途有償登録ライセンスが必要。バージョンがCE 8.3以前のCisco社製品や他社のテレビ会議専用機は非対応。)などがあり、異なるデバイス同士での混在会議も可能です。

3拠点以上での同時会議を行う場合は、有償のライセンスを追加することで、最大75拠点とのWeb会議が開催できます。

会議中はデスクトップ共有のほか、PCやモバイル端末から直接書き込むことができるホワイトボード機能が利用できます。ホワイトボードのデータは自動的に保存され、次の会議でもすぐに利用できるので、ホワイトボードの内容をメモしたり、ボードの写真を撮る必要もありません。

会議後の情報共有:録画機能

Cisco Webex Teams:会議後の情報共有:録画機能Cisco Webex Teamsで開催された会議の内容を録画することができます。
会議を欠席したり、会議内容を再度確認したいときに、映像を議事録として残すことができます。スペース内のファイルにアップロードした資料や会議に利用したホワイトボードデータも併せて閲覧できるので、会議後の情報共有もスムーズです。

クラウド型Web会議 Cisco Webex Meetingsの特長

Cisco Webex Meetingsは、さまざまなデバイスからの接続を可能にするクラウドテレビ会議サービスです。世界中にデータセンターを設置しており、クラウドサービスながら安定した通信環境を提供します。
Cisco Webex Meetingsの有償ライセンスを購入することで、Cisco Webex MeetingsのほかにCisco Webex Teamsの利用も可能になります。

クラウド型Web会議 Cisco Webex Meetingsの特長動画

接続できるデバイスが豊富

Cisco Webex Meetings:接続可能なデバイスが豊富Cisco Webex MeetingsはPCやスマートフォン、タブレット端末などのほか、H.323/SIP対応テレビ会議専用機、電話機、Skype for Businessなどのさまざまなツールを相互接続することが可能です。また、Cisco Webex Teams端末(PC、モバイル端末、テレビ会議専用機)とも接続することができます。

WebRTCに対応しており、プラグインなしでブラウザからの会議参加や、モバイル端末からの参加時も分割画面に対応するなど、モバイルおよびWebブラウザにも最適化されています。

Cisco社製品のテレビ会議専用機で接続する場合は、接続する台数分の登録ライセンス(有償)が必要になります。(登録できる専用機はバージョンがCE 8.3以降の製品のみ。)テレビ会議専用機をWebexに登録すると、アドレス帳の共有や他拠点のプレゼンス確認ができ、システムのバージョンアップなども一括で行うことができます。

バージョンがCE 8.3以前のCisco社製品や他社のテレビ会議専用機など、Webexに登録できないシステムは、上記のような機能を利用することはできませんがゲストユーザとして参加することができます。

会議開催のための充実した機能

Cisco Webex Meetings:会議開催のための充実した機能チーム内の会議を主とするCisco Webex Teamsと違い、Cisco Webex Meetingsは主催者のみが会議の開催や強制ミュート、退席、録画などのコントロールが可能なので、重要な会議やウェビナー(インターネット上で動画を配信するセミナー)、進行が決まっている会議など、主催者が会議のコントロールを行う必要がある会議に最適です。

アカウントユーザ毎に自分専用の仮想会議室を付与され、任意の参加者だけを会議に召集したり、招待することができます。仮想会議室にはPIN番号を設定でき、会議の参加者が全員そろったら会議室に鍵をかけて他のユーザが接続できないようにすることもでき、セキュリティ面でも安心して会議が開催できます。

会議ではPC画面やドキュメントの共有、資料映像への書き込みやリモートからの編集なども可能で、Webex Teams同様会議内容の録画にも対応しています。

最大で200拠点同時接続も

Cisco Webex Meetings:最大で275拠点同時接続もCisco Webex Meetingsは、最大で200拠点の多地点接続会議が開催できます。
最大同時接続数200拠点のうち、Cisco Webex Teams端末やSkype for Business、テレビ会議専用機からの接続はあわせて最大75拠点まで、Webex Meetingsクライアント、電話からの接続はあわせて最大200拠点まで可能です。


Pocket