ASP型Web会議 FRESH VOICE ASPの製品特長 / 製品仕様 – VTVジャパンのウェブ会議比較サイト


ASP型Web会議 FRESH VOICE ASPの製品特長 / 製品仕様

ASP型Web会議 FRESH VOICE ASPの特長

FRESH VOICE ASPとは?

FRESH VOICE ASPは、SI型のFRESH VOICEの全ての機能を標準で利用でき、サーバが不要なWeb会議クラウドサービスです。
会議室はユーザー様自身で作成でき、しかも会議室数に制限はありません。使いたい時に会議室が取れない事が無いのはもちろん、会議室を予約しないでも簡単呼び出しが可能です。
また、オプション等はありませんので追加費用は一切不要、インストールから、国内・海外拠点と接続までしっかりサポートいたします。

遅延を感じさせないクリアな音質

FRESH VOICEは「音声」を重視しています。最新版のGIPSVoice Engineの採用により、音声遅延の時間は従来製品(弊社比)の1/4になりました。
遅延を感じることなく、長時間話していても疲れないクリアな音質を実現しました。また、ミキシングモードの会議では複数の方が同時に発言されても、音がつぶれることはありません。それぞれの音声をクリアに再生出来ます。

GIPSVoice Engineとは…?

GIPS(Global IP Solutions)社の開発したプロトコル。最新のVoiceEngineでは、エコー除去やノイズ除去の機能(VQE=Voice Quality Enhancement)やパケットロス補正機能などをさらに強化して、途切れや雑音などのない最高品質の音声会話を実現しています。

モーションJPEG採用で、ブロックノイズを排除(V5モード)

モーションJPEG採用Web会議の多くは画像方式に「Flash」を使っています。これはWeb上のアニメーションには最適ですが、Web会議の動画には最適とはいえません。
そこでFRESH VOICEは、それぞれのフレームをJPEG形式で圧縮/伸長し、連続表示することで動画にしました。写真の連続で映し出しています。原理的にブロックノイズが発生しないので、画像が断然きれいです。

かんたんで操作しやすい画面レイアウト

パソコン操作が苦手な方にもご利用いただけるよう、シンプルな画面レイアウトになっています。1画面に機能を集約し、どなたでもかんたんにWeb会議に参加できます。

簡単で操作しやすいレイアウト① 見たい拠点の画面を最大化できます。
② データ共有時は右画面が共有データに切り替わります。
③ CTRLキーを押した拠点の映像は常に画面左上に表示されます。

会議が充実する機能が満載

デスクトップ共有機能
デスクトップ共有機能

共有したいPCのデスクトップを動画として共有できます。リアルタイムで遠隔操作が出来るので、アプリケーションソフトの操作、PCの設定の確認や変更ができます。

ドキュメント共有機能
ドキュメント共有機能

Word、Excel、PowerPoint等の資料が共有できます。ファイルをシート毎に静止画として共有する仕組みで、一度サーバにアップロードして共有するので高速です。お互いに書き込みもできます。

ブラウザ共有機能
ブラウザ共有機能

HTMLベースの資料を共有できます。オペレーション内のブラウザウインドウに見せたいホームページを表示させ、送信ボタンをクリックするだけです。

FRESH VOICE ASP 製品仕様

FRESH VOICE ASP 仕様
通信プロトコル 標準規格q.931+独自

コーデック Motion JPEG
画面分割 最大9拠点表示 / 全画面表示
解像度 160×120~640×480
フレーム数 0fps~30fps

コーデック iPCM-WB・iSAC・EnhancedG.711・iLBC
ジッターバッファー 可変ジッタバッファー制御、リオーダ制御、パケットロス制御
AGC オートゲインコントロール
その他 ノイズキャンセラー・エコーキャンセラー
対応言語 マルチ言語対応
FRESH VOICE ASP 製品機能
共有機能 ファイル共有
アノテーション・ファイル保存
同期・非同期・議長強制同期
デスクトップ共有
ホワイトボード機能
チャット機能
ファイル転送機能
管理機能 ユーザー管理機能
管理者機能