クラウド型Web会議 Avaya IX™ Meetings Onlineのご紹介

Pocket

本サービスは提供を終了しました

コミュニケーションに必要なツールを統合したクラウドサービス

Avaya IX™ Meetings Onlineは、テレビ会議、音声通話、テキストチャット、データ・コンテンツ共有、ストリーミング視聴など、コミュニケーションに必要なツールを1つのプラットフォームにまとめたクラウドサービスです。

PC・スマートフォン・タブレット・テレビ会議専用機などあらゆるデバイスから、社内社外問わずいつでもどこでもコミュニケーションを行うことができます。
柔軟性と手軽さが魅力のクラウドサービスに、アバイアの機能性がプラスすることで、さらに快適なコミュニケーションを実現します。

Avayaをオンプレミスで利用したい方は「Avaya IX™ Meetings Conferencing」をご覧ください。(VTVジャパンサイトに移動します。)

クラウド型Web会議 Avaya IX™ Meetings Onlineの特長

あらゆるデバイスで会議が可能

あらゆるデバイスで会議が可能PC(Windows、Mac)、スマートフォン・タブレット端末(iOS、Android)テレビ会議専用機(H.323、SIP)、電話機などのデバイスに対応しており、社内外のどこからでも会議室に接続することができます。
テレビ会議専用機はH.323/SIPに対応している専用機であれば、Avaya製品をはじめ主要メーカーの製品との互換性があります。(※バージョンや製品によっては互換性がない場合もございますので、事前テストをおすすめします。)

専用アプリ・WebRTCでPC、モバイル端末からの接続が簡単に

専用アプリ・WebRTCでPC、モバイル端末からの接続が簡単にPCやモバイル端末からは、専用アプリ「Avaya IX™ Workplace Client」をApp Storeまたは、Google Playから無料で入手しインストールするだけで簡単に会議に参加することができます。また、WebRTCにも対応しており、ブラウザ(Chrome、Firefox)から会議に参加することも可能です。アプリやプラグインのインストールが不要で、エンドツーエンドの暗号化でよりセキュアな会議を実施しているので、取引先企業などのゲスト参加者にも気軽に安心して会議に参加してもらうことができます。

最小単位1ライセンスから契約可能

Avaya IX™ Meetings Onlineは、プランによって最小単位1ライセンスからの契約が可能で、少人数での会議を望むユーザーにとって、コストとムダを省いた最適なプランを実現します。
また、ユーザーの利用状況に応じてライセンス数を検討したい場合は、30日間の無料トライアルのご利用をおすすめします。
※トライアル運用はProプランのみ対応

参加人数・必要な機能で最適なプランを選択

Avaya IX™ Meetings Onlineでは、Entry、Preferred、Proの3つのライセンスプランを提供しています。参加人数やテレビ会議専用機の利用、その他必要な機能から選択が可能です。ライセンスは1年契約なので、参加人数の増減や必要な機能の見直しなど、1年ごとにプランを変更することで、効率的な運用が行えます。

会議の理解度を深める資料共有機能

ドキュメントやアプリケーションを共有できます。テレビ会議開催時、共有している資料への書き込みが可能なアノテーション機能や、相互で書き込みが可能なホワイトボード機能などが利用できます。また、配信されたプレゼン資料をさかのぼって確認したり、見たい資料を自由に閲覧できるアバイア独自のコンテンツスライダー機能を利用することで、会議の進行を妨げず、すぐに必要な情報を把握することができます。

会議の理解度を深める資料共有機能

コンテンツスライダー(左)とアノテーション(中央)とホワイトボード(右)

録画・ストリーミング機能

録画・ストリーミング機能Proプランでは、録画・ストリーミング機能を利用することができます。録画できる容量は無制限(保存期限は30日)で、MP4データとしてダウンロードすることができます。
ストリーミングは最大で500名が利用でき、より多くの人と情報共有が可能になります。