クラウド型PC会議システム「FRESH VOICE ASP」の販売開始 – VTVジャパンのWeb会議比較サイト


クラウド型PC会議システム「FRESH VOICE ASP」の販売開始

Pocket

  • プレスリリース
  • お客様、販売パートナー各位
  • 2013年2月14日
  • VTVジャパン株式会社

 VTVジャパン株式会社(本社:東京都千代田区 代表:栢野正典)は、エイネット社製Web会議システムFRESH VOICE V5をクラウドで利用できる「FRESH VOICE ASP」の販売を本日より開始いたします。

 「FRESH VOICE ASP」は、Webカンファレンスの売上げシェアNo.1を得ているサーバ導入型「FRESH VOICE V5」と同じ機能を標準でご利用いただけるWeb会議クラウドサービスです。
 ASP(Application Service Provider)によるWeb会議は、インターネットへのアクセスが可能な環境とブラウザがあれば利用でき、サーバも不要です。サーバの管理やメンテナンスの必要がなく、初期費用も安価で手軽にWeb会議を導入できます。
 またFRESH VOICE独自の機能で、Web会議中に資料を共有する際にデータをJPEG化してサーバにアップロードするので、クラウドサービスでもセキュリティ面も安心です。

【FRESH VOICE ASPの特長】

FRESH VOICE ASPFRESH VOICE V5の機能をすべて搭載

  • GIPSVoice Engine搭載で低遅延でクリアな音声
  • モーションJPEG採用で、ブロックノイズを排除
  • かんたんで操作しやすい画面レイアウト
  • デスクトップ・Web共有など機能が満載

インターネット環境とブラウザがあれば動作

  • Windowsに対応 / ブラウザに依存しない

料金プラン(月額) ※最低ご利用期間は1年です。

同時接続数 初期費用 月額費用
5 40,000円(税抜) 40,000円(税抜)
10 40,000円(税抜) 60,000円(税抜)

【エイネット株式会社について】
エイネット株式会社は、自社開発製品「FRESH VOICE」シリーズを主軸に事業を展開しています。国産製品ならではの手厚いサポート体制にて、官公庁、国立大学をはじめ、2,300社の導入実績を持つ。また、「FRESH VOICE」は、Web会議システムのトップシェアを占めています。(富士キメラ総研調べ)。

【VTVジャパン株式会社について】
VTVジャパン株式会社は、1995年設立以来、テレビ会議・Web会議システムの機器販売、およびレンタル、同システムに関する保守サービスに特化したテレビ会議のマルチベンダーです。
全国各地、および海外のさまざまな法人・団体へ導入実績があります。
また、自社独自開発によるテレビ会議カスタマイズソリューションの提供も行っています。

【報道機関からのお問い合わせ先】
VTVジャパン株式会社
マーケティング担当 : 大川、山田
TEL : 03-5210-5021

※ 各リリース・お知らせの記載内容は発表日現在のものです。その後、予告なしに変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。